車 売る 車検

車検あり、なしどっちで売るか

あったほうがよいですよね。
買い取った側もすぐにさばけると思いますし。

車検が半年残って、5万km以内だと査定にかなり有利なようです。
半年は付いていないと意味はないようです。

残り1ヵ月と3カ月では差はないってことですね。

完璧な車検切れは逆に自走できなくなってしまい価格が下がってしまいますので切れる前に売却したほうがよいです。

あとは車検が切れそうだからって焦って安いところに売却しないように気をつけないとです。

査定のときに買取業者さんに車検あり、なしの金額をだしてもらうこともできるようです。


でも実際、なしでもそこまで価格の差はつかないようです。


例えば車検が1年残っていたとします。
その間、車は所有し乗ると思いますのでそう今日距離がのびます。
だいたい一般的には1年乗れば1万km。

そして年式が1年下がります。

この状態まで乗り車検直前に売るよりも、1年前の状態で売ったほうが高値がつくはずです。
だから車検がどうのこうのよりも考えるのは車は消耗していきますのでできるだけいい状態で売りにだすこと。

そうなってくるとやはり、売りたいと思ったときに売るのがベストのタイミングとなってきます。


車検を通してからの売却

とってから売っても車検代が査定にプラスされるわけではないのでとるだけ損です。
お金が無駄になってしまうので止めておきましょう。


結論 車検は気にしなくてOKです!!
愛車の無料見積もりはコチラ